トップページの中のJAあかし イベント情報

JAあかし イベント情報

募集・お知らせ

農産物直売所「フレッシュ・モア」の一年間のイベント予定を掲載しました。
 参考にしていただき、ぜひご気軽にご参加下さい!!


 PDFファイルはこちら



イベントに関するお問い合わせは
本店 経済課(078-934-5800)まで

イベントニュース

> バックナンバーはこちら

3B体操教室無料体験会 ~体を動かしてひと足早いクリスマスを楽しもう~

11月30日、サークル活動の一環として、公益社団法人 日本3B体操協会より指導士 坂本 匡子氏をはじめ、公認指導者の方を招き、「3B体操無料体験会」を開催しました。 3B体操とは、健康増進や会員同士の交流を目的に行われ、ボール・ベル・ベルダーと名付けられた3種類の用具を利用して、年齢に関係なく気軽に、体に無理なく楽しめる運動であり、当日は一般・会員の方をはじめ、総勢71名の方が参加してくれました。 クリスマスにちなんだリズムに乗りやすい音楽に合わせて、体を動かしたり、3種類の道具を使ってゲーム形式でのリレー等、参加者は楽しみながら取り組んでおり、3B体操終了後には参加者は皆、清々しい笑顔になり、心身ともにリフレッシュできたようでした。

3B体操教室 参加者募集中!

健康的に暮らしたい、少し運動不足かな~という方に!器具を使って運動してみませんか?
 JAあかしでは、3B体操教室の参加者を募集しています。少しでも興味のある方は是非ご気軽に連絡ください。


とき毎月 第2火曜日 13:30~ 1時間半程度
ところJAあかし 本店3階 大会議室
講師公益社団法人 日本3B体操協会 公認指導者 道下 美紀
会費一回につき
 正組合員 100円
 准組合員 200円
 組合員外 400円
服装・持ち物運動しやすい服装(ジャージなど)・水やお茶など・タオル
申込・お問い合わせ先JAあかし 本店 総務課 三井
TEL:078-934-5800


第7回ふれあいフェスタ 日頃の御愛顧に感謝を込めて

11月25日、農産物直売所フレッシュ・モア大久保店敷地内でふれあいフェスタを開催しました。「ふれあいフェスタ」は地域の方々や組合員への感謝の意を込めた祭りとして開かれ、今年で第7回目を迎えました。当日のステージイベントでは、「地域活性化協力隊 ステテコ隊」、「アカペラサークル Little Blue Birds」、「明石のご当地アイドル YENA✩」、「明石のミュージシャン ザ・ふじやん」といった多くの出場者がイベントを盛り上げ、また他にも折り紙教室やバルーンアート教室といった子供が楽しめる催しやキャベツの特売、大根の収穫体験、農機具試乗体験といった普段はあまり体験できない農協らしい催しも行われました。フェスタに参加したこどもたちは「トラクター運転できた。」「大きいダイコン獲れた。」など楽しんでいる様子が会場中から見られ、第7回ふれあいフェスタは終始、大盛況となりました。


JAバンク兵庫 サッカー教室 プロの指導のもと技術上達

10月14日、地域貢献の一環として「JAバンク兵庫 サッカー教室」を大蔵海岸多目的広場にて開催しました。プロのサッカークラブチームである「ヴィッセル神戸」よりコーチを招き、JA管内のクラブチームから93名の小学生が参加。初めて人工芝の上でプレーする子供たちも多く、楽しみながらサッカー上達を目指して汗を流しました。
 練習では3つのグループに分かれた後、パスやドリブルなどの基本的な練習を中心に行われ、子供たちはプロのコーチのアドバイスを熱心に聞きながら一所懸命に取り組みました。
 最後にはミニゲームで対戦を行い、教えてもらったことを活かしながら夢中でボールを追いかけていました。サッカー教室に参加した子供は「コーチからたくさん教えてもらえたのと、いろんなメンバーと練習ができたのが嬉しかった。」と爽やかな笑顔を見せながら話してくれました。
 JAでは今後も地域貢献活動を積極的に行い、より一層親しんでもらえるJAを目指していきたいと思います。


JAあかし出資型農業法人設立 農業経営等を運営

JAあかしが出資して設立した農業法人「(株)クローバーファームJAあかし」の開所式が10月2日、JAあかし本店で行われ、組合長および同JA職員が事業開始を祝いました。
 JA出資型農業法人「(株)クローバーファームJAあかし」は農業者の高齢化、農業後継者の不足など地域農業の抱える課題に対処することが目的であり、JA出資型農業法人設立に関するアンケート調査や月に一度の会議、他JAの出資型農業法人の視察等を実施して準備を進め、10月2日付けで設立されました。資本金は3000万円。今後は農業経営、育苗、食農イベントなどに取り組む計画です。
 常務取締役の近藤神郎氏は「野菜作りや食農イベントを通じて、地域の人々との交流を積極的に図っていきたい。」と話してくれました。

> バックナンバーはこちら

ページトップへ